三渓園で結婚式 | 横浜の結婚式場 | 和装・神前式・庭園・少人数

横浜 三渓園 結婚式 ブライダルプロデュース ミルキーウェイ
三渓園 結婚式のお問い合わせ 03-5717-3235
  • 交通アクセス
  • 資料請求・フェア
横浜 三渓園 文化財ウエディング
ブライダルフェアご予約

三渓園ブライダルフェアのご予約 >

Bridal Fair Information

ブライダルフェア一覧を見る >

お日取り限定プラン

お日取限定プラン情報 >

スタッフブログ

三渓園ウエディングスタッフブログ
パーティレポート>

横浜三渓園TOP l 挙式

挙式会場 客間棟
~挙式は数々の名画を生んだ「画家達の部屋」で~

挙式

挙式は鶴翔閣の一番奥に位置する客間棟で行われます。
鶴翔閣の客間棟はかつて三渓に招かれた明治の画壇を代表する横山大観や下村観山等の画家達が長期にわたり滞在し庭園の風景をモチーフに数々の作品を生み出した、近代日本文化の創出に大きな役割を果たした場所でもあります。
通称「画家達の部屋」とも呼ばれる客間棟はこの部屋だけのために奥庭が配されており鶴翔閣の中でも最も格式が高く、静かで厳かな雰囲気の漂う部屋です。

神前式

日本の伝統美、和装で挙げる神前式

挙式の舞台となる客間棟へと続く長い畳廊下を、宮司を先頭に雅楽の音色に導かれて進む「参進」の儀式で入場します。静寂の中に笙の音が鳴り響き、挙式への緊張が高まります。お二人の結婚の儀は神社のご祭神にご降臨頂く「降神の儀」のもと宮司より謹んでご奉告申し上げます。

和の人前式「雅式」

江戸時代の家婚式の流れを汲んだ和の人前式
雅式(みやびしき)

「雅式」は日本で最古の挙式スタイルである家婚式の流れを汲んだ和の人前式です。
お母様にお手を引かれて入場の後、一つにあわせた両家のお酒を、新郎新婦は夫婦の誓いとして、列席者は二人の結婚の賛同の証しとして頂きます。雅式は家と家、人と人を結ぶ和の人前式です。

pagetop